看護師が転職する時の求人情報の見方とは

看護師の方が転職する際、求人情報のいろいろな面を見ると思いますが、その時にぜひチェックをしておきたい条件としては、お給料、夜勤などの勤務形態などもありますが、細かい文言に注目することも重要です。

よくある求人情報に掲載されている条件に、「経験者限定」ということがあります。

これは確かに、病院の立場から考えてみると、即戦力としての看護師を求めているので、新卒の看護師が応募をしてきても採用しないということになります。

さらにもう一歩踏み込んで考えてみると、新卒の看護師を育てる余裕はなく、即戦力としての看護師でないと回らないくらいの理由があるという可能性もあると見込めます。

これは、離職率が高かったり病院に看護師が集まらない何らかの理由があったりするのではないかということが予測できるということなのです。

そして看護師が転職する時の条件としてもう1点気をつけておくべきことがあります。

看護師数はもちろんのことですが、出来れば求人情報に掲載されている看護師数とともに、職員数も確認しておきましょう。

職員数は、多ければ多いほど良いと考えて差し支えありません。

なぜなら、職員数が少ない場合、看護師が職員のするべき仕事をしなくてはならない可能性が高くなり、看護師からしてみたら雑務が増えることが予測できるからです。

そしてもちろん、正規社員として看護師を募集しているところを選ぶようにしましょう。

正社員のみ募集という場合は、しっかりした経営を目指している場合が多いので、安心して応募することができます。